45年に1度のメンテ|日本ロレックスでオーバーホールしよう|料金が安く済む可能性もある
作業者

日本ロレックスでオーバーホールしよう|料金が安く済む可能性もある

45年に1度のメンテ

腕時計

維持費の節約をするなら

ロレックスのオーバーホールは4〜5年に1度位の頻度で行うのが望ましいというのがメーカー側の意見です。メーカーのオーバーホールに出すとかなり料金が高いですし、部品の交換が必要な箇所が見つかるとその部品代は別料金になるのでかなり高額になるケースも起こります。しっかりした技術を持ったロレックスを扱う事のできる修理店があるなら、そちらでオーバーホールをするのも良いでしょう。例えばロレックスのデイトジャストのオーバーホールの正規料金は4万5千円位ですが、一般の修理店に出すと店にもよりますが2万円前後と半額位になりますから数十年持つロレックスならオーバーホール回数を考えてもかなりお得に維持することが出来ます。

寿命を延ばすメンテナンス

ロレックスの時計にオーバーホールが必要な訳は、劣化した油やパッキンなどを変える事やタイミング調整をする事で故障などがなく長く時計を維持できる事です。この定期的なオーバーホールによって大きな故障などが起きる可能性が低くなります。故障してから修理に持込むのでは高額な部品代などがかかる事があるので生涯の維持費を下げるためにもオーバーホールが必要だという事です。よく言われるのがオーバーホールで30年の寿命が50年以上に延びる事があるのだと、それを考えるとメンテナンスは大事だという事が理解できます。日本は使い捨て文化だとよく言われますが、ロレックスのようにメンテナンスをしながら長期間物を大切に使っていくのは理想の姿です。