作業員

日本ロレックスでオーバーホールしよう|料金が安く済む可能性もある

大切な思い出をいつまでも

アクセサリー

思い出のつまったジュエリーはいつまでも使いたいものですが、サイズが合わなくなったり流行遅れになってしまうことがあります。使えなくなったジュエリーは処分せずにリフォームして新しい命を与えるのがおすすめです。立爪のダイヤモンドの婚約指輪のリフォームも人気で、大切な愛の証を毎日愛用できると評判です。

詳細

45年に1度のメンテ

腕時計

ロレックスの時計には定期的なオーバーホールが必要ですが費用などを考えると一般の修理店に出すのもメリットがあります。一般の修理店でも技術のしっかりしたロレックスを扱えるクラフトマンがいる所に依頼するのがポイントです。

詳細

依頼先の選択

腕時計

ロレックスをオーバーホールする場合、費用よりもメーカーとしての信頼性を求めるのであれば日本ロレックスが最善です。しかし、頂いた時計であり、自分で高い費用を掛けたくないなどの理由がある場合には、時計修理専門店に依頼するのが良いと思われます。

詳細

高級時計のメンテナンス

男性

正規店は安心できます

ロレックスは数ある高級腕時計の中でも、その耐久性や資産価値で他を圧倒している存在です。発売から30年経過していてもきちんとしたメンテナンスを行うことで当時と変わらずに正確な時を告げてくれることが可能なのです。しかし、そんなロレックスであってもやはり精密機械である以上、定期的なオーバーホールが必要になります。オーバーホールは正規代理店である日本ロレックスと一般の時計工房で行うことができますが、やはり日本ロレックスに依頼した時の安心感は別格です。日本ロレックスでは30年前まで遡って全てのロレックス腕時計の部品をストックしていますし、職人のスキルも折り紙つきです。防水性能一つとっても、必ず対応深度に応じた性能にオーバーホールしてくれますから常に新品と同じ性能で使うことができるのです。料金も修理箇所、使用パーツなどで細かく提示されていますから安心ですね。

日頃のメンテナンスが大事

そんな日本ロレックスですが、オーバーホールを依頼する上で注意しておきたい点があります。それは内部の部品に純正品が使われていない場合はオーバーホールや修理を請け負ってくれない点です。ちゃんとした修理工房ではロレックスの正規の部品を使って修理してくれますが、あまりに料金が安いとことなどは注意が必要です。料金の安さに惑わされないで日頃から日本ロレックスを中心にメンテナンスを行っているといざという時安心です。また、機械式時計は大切に使うことでその寿命は格段に伸びます。日頃から自分の体の一部のように接してあげることでオーバーホール時の料金も安くすむ可能性があります。少なくとも防水性能のない時計は濡らさない、激しいスポーツ時には外すくらいの気配りは必要かもしれません。